スポット

喫茶

Cafe&Meal 金星樹

タイ在住25年、店主こだわりのお茶と多国籍料理が楽しめるカフェ

2021年5月に堺山乃口商店街にオープンした、多国籍料理を提供するカフェ。
タイ在住25年という経歴を持つ店主、要美由紀さんが営むこの店は、内装や販売してる小物類などから異国情緒あふれる空気が漂っている。

「料理はなるべく本格的なものを提供したい」というのが、長年海外に住んでいた店主のこだわり。
ネパールチキンカレー(900円)は、辛さの中にスパイスとトマトの酸味や旨味が溶け込んだ本格派。付け合わせの大根のアチャールを混ぜても美味しくいただける。魯肉飯(800円)は、具材がごろごろ入っていて食べ応え抜群。八角や五香粉、揚げ玉葱が旨味をグッと引き立て、ご飯が進む。
「現地で食べた料理の味が美味しいと感じたから、そのままの味を提供したい」と、時には入手困難なスパイスを探すのに苦労をしながらも、店主の本場へのこだわりに妥協はない。

さらに、お茶の種類が豊富なのもこの店の大きな特徴。
アジアマニアでありお茶マニアである要さんが、自分で飲んでみて美味しいと感じたものだけを提供している。「基本は温かいまま飲むのが美味しいですが、マレーシアのお茶はアイスティーにしても美味しいです」と、お茶によって提供の仕方も変えているこだわりようだ。
「昔この近くに本格的な英国風の紅茶屋さんがあって、そこが大好きでよく通ってたんですよ」と話してくれた。お茶が好きになったきっかけにもなったその店の近くに、自分の店を出せたことに運命的な縁を感じているのだとか。

また、店内の入り口横には店主セレクトのアジアを中心とした雑貨の数々が。タイで雑貨屋も営んでいたという要さんが、市場や商店などで仕入れてきたのだという。珍しいグラスやホーロー、バッグやストール……雑貨棚を眺めているだけで、旅先の一風景が思い浮かんでくるようだ。
ポットで淹れるお茶を飲みながら、静かで穏やかなひと時を過ごしてみては。

期間限定メニューや、急な休みのお知らせなどはInstagramで行っているので、ぜひフォローして最新情報をチェックして。

スポット情報

《この記事のタグ》

《この記事をシェアする》

トップページ /スポット / Cafe&Meal 金星樹